『福山グリーンライン』は色々な景色が楽しめドライブに最高!

福山グリーンライン 広島

福山市にある沼隈半島東部の標高3、400mの尾根を縫うように、グリーンラインと呼ばれる道路が走っています。

この道路は開通当初は有料でしたが、現在は無料化され昼間は自由に通ることが出来ます。

正式名称は広島県道251号後山公園洗谷線というそうで、水呑町の洗谷からポニョで有名になった鞆の浦まで約14kmの長さがあります。

この道路沿いには見晴らしのいい絶景スポットが何か所もあり、芦田川が流れる先に見える福山市街や尾根の向こうに霞む尾道水道、瀬戸内海の島々など様々な景色を楽しむことが出来ます。

春の桜シーズンには桜のトンネル、夏には緑のトンネルをくぐれ、秋の紅葉シーズンには、道路脇のモミジのグラデーションが色鮮やかに輝き最高のドライブコース。
福山グリーンライン

 

 

道の途中には中川美術館、見晴らしのよい後山公園展望台、クジャク園や子供の遊戯施設が整備され若い家族連れでにぎわっている無料のファミリーパークもあります。

2017年には、はじめてトライアスロンが開催されバイクのコースとして全国に紹介されました。

※グリーンラインは終日自動二輪車通行禁止。夜間は23時から翌5時まで自動車も通行禁止ですのでご注意を。

グリーンラインへのアクセス

 

コメント