吉水園、江戸モミジの紅葉が素晴らしい秋の一般公開

吉水園の紅葉 広島

広島県山県郡安芸太田町加計にある日本庭園の「吉水園」で秋の一般公開が行われます。

毎年秋の一般公開は11月の第二、第三の土日となっており、2017年は11月11、12、18、19日の4日間です。

江戸時代から生えている大きな「江戸モミジ」の紅葉が非常に素晴らしいのですが、庭園内にある池の水面に写るモミジがこれまた風情があり心を奪われます。

11月11、12には”五サ一市”というイベントも開催されるので、付近には多くの出店が開かれ、神楽や太鼓などの舞台も楽しめるようになっています。

吉水園の紅葉

 

 

吉水園に行く道中には”木炭自動車とレトロ車館”があり、木炭で動く自動車やエンジンの展示が行われています。

古いエンジンはインテリアにもなりそうなくらい造形が美しいので興味がある方は是非寄ってみるとよいでしょう。
木炭車

 

 

吉水園から近い”温井ダム”も紅葉が素晴らしいので、ここまで来たのなら行くことをお勧めします。ダムの周囲には紅葉する木が多く、黄色やオレンジに山肌がそまり絶景スポットです。

このダムはなんとエレベーターでダムの下まで降りれますので、時間がある方はダムを見上げてその大きさを体験してみましょう。
温井ダムの紅葉

吉水園へのアクセス

※駐車場は吉水園のすぐ近くの「太田川交流館かけはし」となっています。吉水園までは駐車場から徒歩でしか行けませんのでご注意を。

詳細情報は”安芸太田観光ナビ”で。

 

 

コメント