『御袖天満宮』学問の神様を祀った尾道の神社

御袖天満宮、猫 広島

広島県尾道市といえば千光寺が大変有名ですが、他にも多く神社やお寺があります。

学問の神様を祀った神社と言えば福岡県の”太宰府天満宮”がすぐに思い浮かぶと思いますが、尾道にも菅原道真公を祀った神社があります。

それが、御袖天満宮です。

こちらの神社は菅原道真公が太宰府に左遷される際に立ち寄り、尾道の人々に麦飯と醴酒でもてなされた際に、感謝の気持ちとして着物の片袖を破って置いていきました。

その袖を祀ったことから御袖天満宮と名付けられたと言われ、学問の神様を祀っているこの神社には多くの受験生が合格祈願に訪れます。

 

御袖天満宮は少し高台にありますので訪問する際には頑張って坂と階段を登りましょう。

道中は石畳でできた道や階段があり猫にも必ずと言っていいほど出会うので、坂の町・猫の町として有名な尾道を実感することができます。
御袖天満宮、猫

 

 

そして55段の階段をのぼり着いた神社の境内からは尾道の街並みを見わたせ、観光客も意外と少ないので落ち着いて参拝、観光する事ができます。

この神社は数々の映像作品で使われていますので、それらを見てから訪れるというのも良いかもしれません。(映画「転校生」、連続テレビ小説「てっぱん」、テレビアニメ「かみちゅ!」等)

 

 

なお、2017年11月11日(土)には”千光寺ロープウェイ山頂駅”と”千光寺公園俳句の広場”にて「ロープウェイまつり」が開催されますのでタイミングが合えばこの日に行ってみるとより楽しめそうです。

千光寺山ロープウェイ「ロープウェイまつり」より

千光寺山ロープウェイ「ロープウェイまつり」より

御袖天満宮へのアクセス

住所:広島県尾道市長江1丁目11-16

千光寺山ロープウェイ「山麓(さんろく)駅」より徒歩5分

 

コメント